海外医薬品を通販で買えるのは個人輸入だから!

海外通販について知ろう

カマグラやバリフなどのジェネリック品が買えるのは、個人輸入というツールがあるから。
通常は業者との発送のやりとり・税関・言葉の壁(外国語)など、手間のかかる問題があります。
個人輸入を1人で行なうのはめんどうなので、代行サイトを利用して簡単に取り寄せましょう。
個人輸入代行サイトは、手間のかかる内容をすべて引き受けてくれます。
サイトで注文→支払い完了→(代行サイトが発送の手続き)荷物受けとりだけで、ED治療薬の購入が完了。
「違法ではないか?」と心配される方もいますが、個人輸入は国が認めている合法行為です。

【個人輸入のルール】
(1)自己が使用する場合のみ許可
(2)自己で使用する分量を守ること
(3)定められた数量での購入(医薬品は1ヶ月分)

他人に譲る・売買という行為は禁止されています。
薬事法で決められているので、違反しないようにしましょう。

代行サイトのメリットは、日本で買えない医薬品を購入できること。
日本未発売の医薬品でも個人輸入であればOKです。
ただしすべて自己責任になるので、注意しないといけない点もあります。

カマグラ・バリフ・タダシップなどは、すでに知名度があり日本でも愛用者がいるため安全。
ネットショップでは、偽物を作る悪徳な業者がいますが、ジェネリック品は価格が安いので少し高値で売れる新薬が狙われています。
100%ジェネリック品の偽物がないとは言えないので、正規品を取り扱うサイトから購入してください。

質のいいサイトは、支払い方法が豊富だったりサービスが充実していたりします。
電話での注文を受けたまわっているサイトは、信頼度が高く声を聞いて商品を頼めるので、不安も解消されます。
偽造薬に合わないように、口コミや運営年数が長いサイトをみて選ぶようにしましょう。